【203】 西鶴『本朝二十不孝』その2―親不孝者はなぜ生まれたか―

2017年度秋学期 受講申込

講座番号 203
キャンパス 緑園キャンパス
講師 藤江 峰夫
開催日 2017年10月16日(月)~2017年11月20日(月)
時間 13:10~14:40
教室 2306
定員 20名
受講料(全回数分) 10,800円
申込期間 2017年9月1日(金) ~ 2017年9月22日(金)

講義内容

春学期に引き続き、『本朝二十不孝』をとりあげます。息子や娘たちはなぜ不孝者となったのかを西鶴は、当時の世相や社会の問題を絡めて描き出しています。と同時に、不可思議としか言いようのない人間の心にも迫っています。もちろん話上手な西鶴の腕の冴えも堪能できる作品です。

【各会の予定】
1回目 恩ある継母を離縁させた越前の親不孝息子(巻四の三「木陰の袖口」)
2回目 近江の大泥棒石川五右衛門も親不孝息子(巻二の一「我と身をこがす釜が淵」)
3回目 伊勢の親不孝息子の不思議な漂流譚(巻二の三「人はしれぬ國の土佛」)
4回目 移り気な大坂の親不孝息子の顚末(巻一の四「慰改て咄しの点取」)
5回目 博打にのめり込んだ堺の親不孝息子(巻三の二「先斗に置て来た男」)
6回目 見せかけの親に孝と不孝のふたつ道(岡山)(巻四の一「善悪の二つ車」)

実施日 時間 講座内容 担当講師
1 2017/10/16(月) 13:10~
14:40
藤江 峰夫
2 2017/10/23(月) 13:10~
14:40
藤江 峰夫
3 2017/10/30(月) 13:10~
14:40
藤江 峰夫
4 2017/11/06(月) 13:10~
14:40
藤江 峰夫
5 2017/11/13(月) 13:10~
14:40
藤江 峰夫
6 2017/11/20(月) 13:10~
14:40
藤江 峰夫

備考

    【テキスト】プリント配布となります。

講師

藤江 峰夫(フジエ ミネオ)

【プロフィール】

本学名誉教授。早稲田大学大学院修了。専門は西鶴および近世初期俳諧を中心とした近世文学(江戸文学)。著書:『井原西鶴』(江戸人物読本、ぺりかん社)、『南総里見八犬伝』(有精堂)、論文:「古典俳諧のエロチシズム」(『Series俳句世界1エロティシズム』)ほか。

藤江 峰夫


受講申込

<<講座一覧に戻る
  • 資料請求

↑ページの先頭へ

Ferris since 1870 Copyright(C) Ferris University. All rights reserved. サイト内の全ての画像及び文章の無断掲載転用を禁止します。