受講のご案内

[1] 申し込みから受講までの流れ
 1.受講申込は、※原則として、先着順受付となります。
  • 当ホームページ、ハガキ、FAX(パンフレットはさみこみ)、生涯学習課窓口(月~金9:00~17:00)のいずれかの方法でお申し込みください。
    • 開講手続:申込期限日前でも開講可能人数に達した場合は、順次開講を決定します
      (一部の講座をのぞく)。申し込みが定員を超えた場合は、受け付けできません※。
    • 申し込みが開講可能人数に達しない場合:開講中止※。
      ※定員を超えて受講できない場合や開講可能人数に達せず開講中止の場合、いずれも郵送にて通知します。
 2.申込期限
  • 申込期限日は全講座同一です。定員に余裕があれば、期限日を過ぎても申し込むことができます。
 3.払込用紙
  • 開講が決まった講座は、申込期限日以後に払込用紙(1講座ごとに1枚)を郵送します。
 4.振込
  • 払込用紙が届いたら、記載の期限内にコンビニエンスストアまたは郵便局でお振り込みください。(郵便局では必ず送付された払込用紙を用い、窓口でお支払いください。ATМでの振り込みは不可。)
  • 振り込みが遅れる場合は生涯学習課へご連絡ください。(℡.045-812-8390 E-mail : shougai@ferris.ac.jp
 5.受講確認書の送付
  • 本学で入金を確認後、講座ごとに受講確認書を郵送します。なお、新規の方には、受講証カード(【10】参照)を発行するための受講証用写真台紙を同封します。
  • 既に受講証カードをお持ちの方には、カードの裏面に貼る有効期限更新シールを同封します。
 6.受講開始
  • 開講日には、受講確認書を持参の上、記載の教室で受講してください。ただし、教室は変更する場合もあります。生涯学習課掲示板で確認してください。
[2] 受講料
  • 受講料はすべて消費税込みです。パンフレットに記載のない限り、テキスト代は受講料に含まれません。
  • 生涯学習課窓口では、受講料の取り扱いはしません。
  • 未納の場合は、原則として受講できません。また、次学期の申し込みもできません。
[3] 事務手数料
  • 受講を申し込まれる方は、受講料のほかに事務手数料500円を前期・後期の半期ごとに1回ずついただきます。受講料との合算での請求となり、2講座以上の申し込みの場合は、いずれかの1講座のみに手数料が上乗せの形での請求となります。
  • 有効期限内の方、または受講のない期間は、手数料はいただきません。有効期限の期間とは、4月~9月、10月~翌年3月までの半期ごとです。
  • 「親子講座」、「文化講演会」は、事務手数料は不要です。
  • 次の方が受講する場合は事務手数料が免除となります。申し込みの際にご申告ください。
    「本学院卒業生(大学院・大学・短大・中高)」、「在学生(科目等履修生、中高生含む)」、「本学院在学生の保証人(大学)・保護者(中高)とその配偶者」、「本学院教職員」、「本学院専任教職員の家族」、「本学院関係者」、「元本学院専任教職員」
[4] 受講キャンセル
  • キャンセルの場合は、生涯学習課へご連絡ください。受講料の振り込みがないことで、キャンセルとはみなしません。
  • すべての受講申し込みをキャンセルすると、事務手数料もキャンセルされます。
  • 納入された受講料・事務手数料は、開講日を過ぎると返金できません(当方の都合による中止を除く)。
  • 入金後の受講キャンセルには、1講座につき以下のキャンセル料がかかります。
     1)開講1週間前まで    :1,000円
     2)上記以降開講前日まで :2,000円
  • 「文化講演会」で納入された受講料は、キャンセルされても返金しません。

[5] 受講証明書の発行
  • 希望者は、所定用紙に必要事項を記入し、手数料200円分の証紙(学内設置券売機で購入)を貼付の上、お申し込みください。
  • 発行は、当該期のみとなります。

[6] 修了証について
  • 修了証は、所定回数の70%以上出席した方に発行します。希望の方は、講座終了2回前 までに「修了証発行申込書」に記入し、お申し込みください。
  • 修了証は講座最終回に担当講師よりお渡しします。郵送をご希望の方は、送料140円分の証紙(学内設置券売機で購入)を貼付の上、お申し込みください。
  • 発行申請期限は、当該期のみとなります。

[7] 受講上の制限など
  • 故意または重大な過失により、以下の行為が行われた場合、または行為が行われたとオープンカレッジ運用者が判断した場合、それ以降の受講をお断りすることがあります。また、これらの行為によって本学に損害が発生した場合には損害賠償の請求をすることがあります。
    1. 本学の学生、教職員、オープンカレッジ講師および他の受講生に対する迷惑行為、講義や大学の業務の妨害行為、公序良俗に反する行為および相互の信頼関係を損なう行為などがあった場合。
    2. 大学の諸規程に違反する行為があった場合。
    3. 申込内容に虚偽があった場合。
    4. 事務手数料・受講料の納入が認められなかった場合。
    5. 貸出備品(大学図書館蔵書等を含む)の返却がない場合や破損・紛失の弁済を行わない場合。
    6. 本学の学生及び他の受講生に対する政治・宗教または営利を目的とした勧誘行為があった場合。

[8] 健康状態確認のお願い
  • 安全にご受講いただくため、ご自身の健康状態の管理には十分ご留意ください。不安がある場合は、「緊急時連絡票」を用意しておりますので、生涯学習課までお申し出ください。
  • 受講中、健康状態に変化があった場合は、すみやかに担当講師または生涯学習課までお申し出ください。その際、状態によっては受講を控えていただくこともあります。
  • 受講日にインフルエンザ、結核など(『学校において予防すべき感染症』)に罹患している場合は、講座を受講することができません。(詳細に関しては、文科省のホームページ(URLは下記のとおり)を参照、あるいは生涯学習課までお問い合わせください) http://www.mext.go.jp/a_menu/kenko/hoken/1334054.htm
  • 健康上の事由で受講できなくなった場合、受講料の返金は原則いたしませんのでご了承ください。

[9] その他の受講上の注意
  • 入構時には受講証カード(または受講確認書)を必ず正門警備室に提示してください。どちらもない場合は、正門より生涯学習課へご連絡ください。
  • 教室の無断使用は禁止します。教室への入出は、時限間の10分の間で行ってください(変則的な講義時間は除きます)。また、教室の机、椅子等を移動した場合は、必ず原状復帰をお願いします。
  • 喫煙、飲食は、所定の場所でお願いします。
  • お子様連れの受講は、ご遠慮ください。(親子講座を除く)
  • 許可なく講座の録音、録画、写真撮影をすることはお断りします。
  • お車、バイクでのご来校は、原則お断りしています(駅前の有料駐車場等をご利用ください)。
  • 学内での不慮の事故、私物の破損や盗難について本学は責任を負いかねます。

[10] 受講証カードについて
  • 入構時には、受講証カード(以下カード)を必ず正門警備室に提示してください。また、講座申し込み時、特典利用の際にも提示してください。
  • カードの有効期限について
    受講手続き完了後から次の日付までとなります。
    前期(春学期及び夏季集中講座)=~9/30
    後期(秋学期及び冬季集中講座)=~3/31
  • カードの更新:受講手続き完了後から更新となります。
  • 次の方が受講する場合はカードを発行しません。
    本学院在学生、本学院教職員、「親子講座」、「文化講演会」など事務手数料不要講座の受講生。
  • カードは他人に貸したり、譲渡することはできません。
  • カード記載に誤りがある場合や住所、氏名などに変更があった場合は、必ず生涯学習課までご連絡ください。
  • 新規申込者は、受講初日に「受講証用写真台紙」を生涯学習課へご提出ください。1週間後、カードを生涯学習課で配付します。山手キャンパス講座のみ受講の場合、写真台紙は山手事務室にご提出ください。
  • すでにカードをお持ちの方は、カード裏面に貼ってあるシールを、受講確認書と一緒にお送りするシールに貼り変えてください。
  • 紛失、破棄・破損によるカードの再発行料は500円です。

[11] テキストについて
  • 各講座のテキストは、洋書を除き、緑園キャンパス内の丸善キャンパスショップで購入できます(予約必要)。その場合、払込用紙受取(開講決定)後に各自、店舗に予約の上、購入してください。
    (予約は、以下の連絡先もしくは店舗窓口で)
    E-mail: mzferris@maruzen.co.jp
    Tel 045-812-8598(土日・祝定休、8:30~18:15営業)
    ※氏名・連絡先・書籍名をお伝えください。
    ※夏季・冬季期間は、開店日が限られるので、Eメールでの申し込みをお勧めします。
  • 洋書はネット書店などでお求めください。

[12] 休講・補講について
  • 担当講師にやむを得ない事情が発生した場合、講義を休講とすることがあります。災害・警報発令などを除き、休講・補講情報は電話と掲示で通知します。また、別日程を設けて原則補講を行います。
  • 休講の掲示がなく、開始時間後30分以上経過しても担当講師が入室しない場合は、休講とします。この場合にも別日程を設けて補講を行います。
  • 補講を欠席されても、受講料の返金はいたしません。

★交通機関不通の場合の休講について
ストストライキ、台風等異常気象又は事故などによる交通機関不通の場合。
・緑園キャンパス 相模鉄道線
・山手キャンパス JR根岸線及びみなとみらい線(注)
(注):両線が不通となった場合のみ。いずれかの線が運行している場合は該当しません。
1) 当日午前6時までに復旧した場合は、平常どおり講義を行います。
2) 当日午前10時までに復旧した場合は、午前中の講義を休講とし、午後から講義を行います。
3) 当日午前10時までに復旧しない場合は、講義を終日休講とします。

★神奈川県下に暴風等の警報が発令された場合の休講について
台風等により、神奈川県全域又は神奈川県東部(「横浜・川崎」「湘南」「三浦半島」)に特別警報、暴風警報または暴風雪警報が発令された場合、次のような措置をとります(警報は「気象庁」もしくは「横浜地方気象台」〈TEL.045-177〉発表のものとします)。
1) 当日午前6時までに警報が解除された場合は、平常どおり講義を行います。
2) 当日午前10時までに警報が解除された場合は、午前中の講義を休講とし、午後から講義を行います。
3) 当日午前10時までに警報が解除されない場合は、講義を終日休講とします。
  なお、講義開始後に警報の発令があった場合は、それ以降の当日の講義は終日休講とします。

★災害・インフルエンザ・伝染病などの対応について
  • 事態が悪化した場合、休校措置をとることがあります。大学の対応については、以下のいずれかでご確認いただけます。
    ①大学公式ホームページ(http://www.ferris.ac.jp)
    ②緊急連絡システム( ※特定のメールアドレスに空メール送るだけで完了)で情報を入手することができます。 ※メールアドレスは毎年変更となります。
    ③インターネットメール
    ④携帯電話メール 利用希望者は、アドレス、携帯電話番号を生涯学習課にお知らせください。

★震災時などの対応について
  • 震災などの非常時には災害対策本部を設置します。学内にいる場合は、大学の指示に従ってください。
  • 本学の震災の対応方法は、生涯学習課にて災害カードをお配りしていますので、ぜひご一読下さい。

  • 資料請求

↑ページの先頭へ

Ferris since 1870 Copyright(C) Ferris University. All rights reserved. サイト内の全ての画像及び文章の無断掲載転用を禁止します。